素晴らしい日本

アクセスカウンタ

zoom RSS これはすごい!『脳波で動く車いす トヨタと理研開発』

<<   作成日時 : 2009/07/01 11:41   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

脳波で動く車いす トヨタと理研開発
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20395845,00.htm

 トヨタ自動車は29日、理化学研究所などと共同で、頭の中でイメージするだけで脳波を感知して動く電動車いすを開発したと発表した。手足を使う必要がなく、高齢者の生活支援などに生かすことができるとしている。脳波を感知してマシンを動かす技術はホンダも開発済みで、近い将来、ハンドル操作不要の車の登場も夢ではなさそうだ。

脳波で電動車いすを動かす研究者=29日、東京・霞が関の文部科学省  頭に5つの電極を装着し、自分の右手を動かすイメージを浮かべると、脳波の振幅の変化をセンサーが読み取り、パソコンが車いすに指示して右方向へ旋回。同様に左手を動かすイメージを浮かべれば左方向に旋回する。また、両足を動かすイメージを浮かべれば、前方に進むようにした。

 このほか、電極を取りつけたほおを膨らませると、筋肉収縮時に発生する電流を感知し、車いすを緊急停止できるようにした。

 トヨタロボット開発室の山田整(ひとし)センサー認識開発グループ長によると、習得すると95%以上の確率で動かすことができるという。今後「うれしい」「悲しい」などの感情で作動させることなどを研究する。

 ホンダも脳波などを利用して二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」を動かす新技術を開発しており、これらの研究が進めば、手足を使わずに生活を支援するロボットなどへとつながりそうだ。


 脳波でコントロールできる車椅子、これは足が不自由な方々にとって朗報でしょう。脳波でコントロールといえば、こんなのもありますね。

 この技術が進化した未来では、現在医療用として開発されている「HAL」などのパワーアシストスーツを発展させ、下半身不随の人には外骨格型のパワーアシスタ、足を失ってしまった人にはパワード義足(これ以外名前が思い付かない)を脳波でコントロールし、自由自在に歩けるようになっているかもしれませんね。

 21世紀に入って9年目となりましたが、子供の頃夢描いていた未来とは行かないまでも、ゆっくり確実に進歩し続けていってますね。日本人の小型化、高性能化させる技術が絶えることなく未来永劫続くことを祈ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
訪問です。

良かったら私のブログに来てくださいね!

仲良くしてください。

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
まゆりん
2009/07/01 11:58

コメントする help

ニックネーム
本 文

おすすめ

これはすごい!『脳波で動く車いす トヨタと理研開発』 素晴らしい日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる