素晴らしい日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トヨタは恥を知れ」 急加速体験の女性から、プロ市民の香りの芳しさがw

<<   作成日時 : 2010/02/26 02:25   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 2 / コメント 0

「トヨタは恥を知れ」 急加速体験の女性、米公聴会で証言
http://www.afpbb.com/article/economy/2701135/5392928

【2月24日 AFP】23日に行われた、トヨタ自動車(Toyota Motor)のリコール問題を調査する米下院公聴会1日目。この日は元ソーシャルワーカーの女性が証言に立ち、高速道路でトヨタのレクサス(Lexus)を運転中に時速100マイル(約161キロ)で制御不能になり、夫に別れを告げる電話をかけたことを涙ながらに語った。

 米テネシー(Tennessee)州のロンダ・スミス(Rhonda Smith)さんは、2006年10月に起きたこの出来事の際、死を覚悟したと証言した。

 新車の「レクサスES 350」で高速道路に合流したところで、スミスさんは突然、時速70マイル(約113キロ)から100マイルへの不可解な急加速を体験した。

 必死でサイドブレーキをかけ、ギアをバックに入れたが、速度は下がることなく車は高速道路を疾走した。

「車が最高速度まで加速していくと思った。次のガードレールに車をぶつけて他の人を巻き込まないようにしなければと考え、神さまに救いを求めて祈りをささげた」と、スミスさんは語った。

 短距離無線通信規格のブルートゥース(Bluetooth)搭載の携帯電話で、夫に電話をかけたという。「夫にはどうにもできないことはわかっていた。けれども、もう一度だけ声が聞きたかった」と、スミスさんは涙をぬぐいながら語った。

 夫へ電話をかけたとき、「神の力が介在し」、車はすこしずつ減速して停止したという。

 悲劇を回避することができて良かった、というスミス夫婦の安堵もその後の数か月の間に、怒りへと変わっていった。それは、トヨタと安全当局調査官が、2人の主張を冷淡に扱ったからだった。

 度重なる要望にようやくトヨタが応じたとき、夫妻の怒りはますます高まった。トヨタは、この出来事が所有者のせいだと言ったのだ。

「ついにトヨタに書面で返答に応じさせた。受け取った文書は5行の内容で、こう書かれていた。『適切にメンテナンスをしていれば、ブレーキはアクセルよりも常に優位にある』」

「それがウソだということはわかっていた。それに、こういったことが起きたのは、ブレーキが適切にメンテナンスされていないからに違いないと、トヨタが文書で返答したことにわたしたちは憤慨した。車の走行距離は、まだ3000マイル(約4800キロ)以下だった」

 スミスさんは紛争処理の民間機関「National Center for Dispute Settlement(NCDS)」に問題を持ち込んだ。しかし、その経緯は「完全な茶番」だった。

 地元のレクサス担当技術者は、1時間の距離しか離れていないにもかかわらず、NCDSの聞き取りに電話で参加し、スミスさんに原因があると証言した。

「トヨタが再度、わたしたちをうそつき呼ばわりしたことに、もちろんとても憤慨した」(ロンダ・スミスさん)

 スミス夫妻はさらに米運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration、NHTSA)に相談した。

 調査員が派遣されたものの、NHTSAもトヨタも真剣に対応しなかったという。そして、2008年に、スミス夫妻はこの問題の追及をあきらめた。

「わたしたちの努力で、ほかの人たちが急加速の不必要な恐怖と苦しみにさらされることがなくなればと思っていた。それが失敗に終わったことに気づき、わたしたちの心は深く傷ついています」

「しかしこの失敗は、本日、トヨタとNHTSAにも共有されたことでしょう。両者は、思いやりのない対応と人命軽視の姿勢をみせた」

「強欲なトヨタよ、恥を知れ。責務を果たさなかったNHTSAよ、恥を知れ」





 トヨタのリコール問題が世間を賑わせていますが、多数の部品の集合体である自動車という機械にリコールは付き物でしょう。この先、どんなに加工精度や制御技術が進歩しても、設計や製造に人間が関わっている限り、リコールは発生するでしょう。ミスをしない人間はいませんからね。
 さて、この「トヨタは恥を知れ」の記事ですが、このスミスさんの言い分には、どうしても疑問符を付けずにはいられません。まずは・・・

必死でサイドブレーキをかけ、ギアをバックに入れたが、速度は下がることなく車は高速道路を疾走した。 

 車種はES350、日本ではウィンダムの名称で販売されている車です。この車はFF(フロントエンジン・フロントドライブ)なので、駆動輪に装着されているブレーキは、一番強力なフロントブレーキです。文中にもありますが、通常の車のエンジン出力では、フロントブレーキの制動力を超えて加速できるものは少なく、減速できないということは考えにくいですね。
 それと「必死でサイドブレーキをかけ、ギヤをバックに入れた」とのことですが、最近の車は走行中にRレンジにシフトされた場合、駆動が伝わらないようになっています。必死でサイドブレーキをかけているはずですので、駆動を失った車は減速するはずです。まあ、その前に後輪がロックしてスピンを起し、180度向きが変わる可能性が高いですがねぇ。(サイドターン状態)
 オートマが電子化される以前の車であれば、Rレンジにシフトされた瞬間、エンジンがストールしてオートマも油圧を失い、後は惰性で走るのみ。ブレーキが正常であれば停止できるはずです。
 そして次は・・・

 短距離無線通信規格のブルートゥース(Bluetooth)搭載の携帯電話で、夫に電話をかけた

 かなり冷静な方なんですねぇ。ブルートゥース搭載はなにか関係あるのでしょうか?。電話をかけることができるのであれば、キーをオフにするなり、最近のはボタンを押すだけでなので『エンジンを停止』させることくらい余裕でできそうな気がしますが、どうなんでしょうか?
 そして極めつけは・・・

 夫へ電話をかけたとき、「神の力が介在し」、車はすこしずつ減速して停止したという。

 これは本気で言っているのでしょうか?某ファーストレディによる『太陽パクパク』に匹敵する胡散臭さ。超常現象によって停止したと言うことでしょうか(笑)。ならば暴走したのも超常現象でしょう。モルダーとスカリー捜査官の出番ですね。

 電子制御スロットルというものは、このような事態が起きないよう、2重3重の対策がされています。アクセルセンサーからの信号をコントロールユニットで読み取り、それを元にスロットルのモーターを駆動する。駆動されたモーターは、スロットルバルブのセンサーによって作動を監視されており、目標値から著しく外れた場合は故障と判断され、チェックエンジンランプを点灯させてドライバーに警告します。万が一、作動が渋くなった時も、完全に動かなくなる前に故障が発覚します。
 この車は違うかもしれませんが、他の車の場合、アクセルセンサーは2重になっており、片方が故障した場合も同様に警告し、制限された状態の運転しかできなくなります。しかも、最近のセンサーの信頼性は非常に高く、ほとんどトラブルを起こしません(このレクサスのアクセルセンサーはアメリカ製らしいのでわかりませんが・・・)。万が一、2個のセンサーが同時に故障、しかも全開位置で故障したとすれば、暴走する可能性はありますが・・・。
 
 
 これは私の知識と経験からの主観的な考えで、この知識がこの車に当てはまるかも判りません。本当のところはわかりませんが、私はこの「スミスさん」の言い分がどうしても信用できません。アメリカ民主党のトヨタ叩きは恒例ですし、とあるチラ裏にあった、アメリカによるマスコミ兵糧攻めの一つかもしれません。そしてアメリカでは、トヨタのリコールはそれほど話題になっていないという噂もチラホラと。アメリカでは、リコールは日常茶飯事らしいですしw

 そしてこの車、転売され現在も走り続けているとのことです。転売後、同様の現象は発生していない、とのことです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
激突! 外国人参政権
3月1日のTVタックルで、永住外国人への地方参政権付与に関する討論が行われた。 ...続きを見る
風林火山
2010/03/03 21:44
日本人ならコレを読め!
テレビ東京の、「世界を変える100人の日本人」という番組があり、その中で筒井康隆の「日本人ならコレを読め!」というコーナーがある。 ...続きを見る
風林火山
2010/03/08 22:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おすすめ

「トヨタは恥を知れ」 急加速体験の女性から、プロ市民の香りの芳しさがw 素晴らしい日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる